ITOのローストビーフはガチ旨テイクアウト!そごう横浜店で信頼置くローストビーフ充実店

ITOのローストビーフはガチ旨テイクアウト!そごう横浜店で信頼置くローストビーフ充実店

横浜駅東口直結・そごう横浜店の地下2階、伊藤ハムが手がける「ITO」でいろいろなローストビーフをテイクアウトしてきました。

同店はお肉を中心としたデリカテッセンで、“ローストビーフ”とひとことでいってもラインナップが充実。テイクアウトながら自宅やオフィスで本格的なローストビーフを様々なアレンジで楽しめます。

自宅で食べる機会も増えている昨今や特別な日にぴったりな、至福のローストビーフのご紹介です。

ITO そごう横浜店について

そごう横浜店・地下2階の洋惣菜エリアに出店している「ITO」。少し前に現在の場所に同フロア内で移転しました。

ITO そごう横浜店 店舗概要

Meat & Vegetables ITOのコンセプトは、肉と野菜を中心にした国際的な美味しいフードを届けること。ローストビーフを楽しめる各種料理を中心に、彩り豊かなメニューがショーケースに並びます。

美味しいローストビーフをテイクアウトで堪能したいときは、毎年の利用で絶大な信頼を置いている「ITO」を利用。連休中にガッツリと“ローストビーフパーティー”をしようと各種ローストビーフをまとめ買いしてきました。

ITOで購入したローストビーフ

ITO「ローストビーフ」テイクアウト

ITOの看板メニューといえば、ITOを初めて利用した際に衝撃を受けたサイコロ状のローストビーフ「贅沢ローストビーフ ぺイヴ仕立て(864円・税込/100g)」。

贅沢ローストビーフ ぺイヴ仕立て

牛一頭から2〜3キロしか取れないといわれている希少部位を使用したローストビーフは、これほどまでに厚くカットされても柔らかく、お肉本来の旨味が凝縮した逸品。

通常のローストビーフよりも食べ応えがあり、特別な日や自分へのご褒美に買って自宅での食事に見た目にも華をプラスできます。

また、私のお気に入りの食べ方は上記のローストビーフと一緒に「贅沢ローストビーフ(スライス)1,080円・税込」も購入して歯応えの違いを堪能する食べ比べ!

ローストビーフ食べ比べ

ローストビーフを購入すると100gにつき1個「グレイビーソース」または「ローストビーフソース柚子風味」を無料で用意してくれるので食べる際に好みの量を自分で調整して楽しめます。

贅沢ローストビーフ(スライス)

ローストビーフは物凄く柔らかくしっとりした口当たり、じっくりと噛みしめて口の中に広がる旨味が最高に美味しいです。希少部位のトモサンカクを使用。

お惣菜といっても全然硬くなっておらず、自宅にいながらレストランで食べるような本格的な味や時間を堪能できてお気に入り。

途中から器にご飯をよそって買ってきたローストビーフを乗せて温泉たまご(市販)も準備して「ローストビーフ丼」にアレンジしても食べてもめちゃ旨です。

ローストビーフ丼

しっとり柔らかいローストビーフにトロッとしたたまごが絡まり、ローストビーフソースとあわせて食べるご飯は完全優勝の逸品。

店頭では最初からご飯とセットになった状態の「ローストビーフ丼(972円・税込)※赤城山麓ローストビーフ」も販売されているので、オフィスや近隣スポットで食べる際は丼の選択肢も候補に。

最近、初めて購入した「贅沢ローストビーフステーキカット マッシュポテトをのせて(945円・税込)」は、ポテトが見た目の何倍も滑らかで柔らかく下には言葉のとおり“ステーキ”のようにカットされた肉厚な食べ応えのあるローストビーフを忍ばせます。

贅沢ローストビーフステーキカット マッシュポテトをのせて

ポテトが乗っているので1個でも十分なボリュームがあり、自宅でのローストビーフパティーにぴったりな変化球的メニューです。ローストビーフは分厚く大きくも余裕で噛み切れる柔らかさ、ポテトはマスタードのような酸味と奥にほんのりと刺激も感じ、ローストビーフとの少し変わった組み合わせを楽しめました。

贅沢ローストビーフステーキカット マッシュポテトをのせて

お店には他にも、ローストビーフをトッピングした握り寿司やユッケ、サイコロ状のローストビーフとスライスのローストビーフ食べ比べセットなど色々と並んでいるので来店の際には好みを見つけてぜひ。

ローストビーフ

ITO そごう横浜店 店舗概要

■ 所在地
神奈川県横浜市西区高島2丁目18-1

■ 営業時間
10:00〜20:00(施設に準ずる)

そごう横浜店 おすすめ情報

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント