横浜観光ガイドを見る

フラワーガーデン 2018が横浜赤レンガ倉庫で開催!4つの花畑と食べられる花が横浜の春を彩る

フラワーガーデン 2018が横浜赤レンガ倉庫で開催!4つの花畑と食べられる花が横浜の春を彩る

横浜赤レンガ倉庫で春の訪れを演出する「FLOWER GARDEN 2018(フラワーガーデン)」が2018年3月31日(土)の開催を前にオープニングセレモニーが行なわれました。

今回で12回目となるフラワーガーデンのテーマは「ワイルドフラワーガーデン」。昨年好評であった草花を多く取り入れた自然の中を散策している感覚を味わえる庭園スタイルに花畑の要素を新たに加えて、会場を構成します。

ワイルドフラワーは自然環境に自生する野生の花の総称で、会場内には4つの色とりどりの花畑が再現されていました。現在、横浜市が開催中の「ガーデンネックレス横浜」と連携して横浜エリアの春を盛り上げます!

フラワーガーデン 2018 イベント概要

横浜市立港中学校の吹奏楽部による特別パフォーマンス

横浜市立港中学校の吹奏楽部による特別パフォーマンスにより幕開けした「フラワーガーデン 2018」。

2018年3月31日(土)から4月22日(日)まで横浜赤レンガ倉庫で期間限定開催している入場料無料のイベントです。

◼︎ 期間
2018年3月31日(土)〜4月22日(日)計23日間

◼︎ 場所
横浜赤レンガ倉庫 イベント広場A

◼︎ 植栽
マリーゴールド・ネモフィラ・アルメリア・カモミールなど約14,200株

◼︎ 入場料
無料

会場内にはテーマが異なる4つのガーデンが設けられ、昨年同様に横浜赤レンガ倉庫にいながらも港とセットで花畑を歩いているような感覚で楽しめる春に嬉しい内容となっていました。

フラワーガーデン 2018

フラワーガーデン 2018 4つのガーデンについて

ワイルドフラワーガーデン
ワイルドフラワーガーデン

エントランスの先には4つのガーデンが出現!

左側にはピンクやオレンジ、白や黄色などカラフルな色が混じり合うワイルドフラワーガーデン・右側には港の海や透き通った青い空をイメージさせる青色のネモフィラ・白い雲を連想させる新種のビオラなどの花で構成されたスカイブルーガーデンが広がります。

スカイブルーガーデン
スカイブルーガーデン
スカイブルーガーデン
スカイブルーガーデン ネモフィラ

さらに港側には進むとラベンダーやローズマリーなど香りを感じる植栽から歩きながら爽やかな香りを楽しめる香りのガーデンがあり、視覚だけでなく嗅覚でも楽しめます。

香りのガーデン
香りのガーデン

香りのガーデン

最後にご紹介するガーデンは会場内の奥側のガーデン。葉もの野菜を用いて食を意識しつつも美しい景色が広がるベジタブルガーデンは、葉ものとは思えない色鮮やかなガーデンに仕上がっていました。

ベジタブルガーデン
ベジタブルガーデン
ベジタブルガーデン
ベジタブルガーデン

また会場内にはベンチやチェアーが設けられているので、座りながらも横浜赤レンガ倉庫に映える花やフード・ドリンクで春を体感できます。

フラワーガーデン 全景

会場奥には横浜市により現在各所に展開中の「ガーデンネックレス横浜 2018」の人気キャラクター・ガーデンベアが遊びに来ているので、こちらはファン必見のフォトスポットです。

ガーデンベア

味覚で楽しむカフェ&バー「HANABAR」

花と食の文化が融合した日本初のお店・カフェ&バー「HANABAR」が東京から横浜に出店。食べられる花「エディブルフラワー」を使用したフードやドリンクを横浜の会場で提供します。

ハナバー メニュー

数あるメニューの中でも特にお花を背景に思わず写真に撮りたくなるようなドリンクや薔薇の香りが絶妙にマッチした濃厚なレアチーズなど味覚はもちろん視覚でも楽しめる商品は特におすすめです。

左から桜ジントニック、ブルーラテ、ウタ・ドライ
左から桜ジントニック、ブルーラテ、ウタ・ドライ(ノンアルコール提供可)
HANABARプレート
HANABARプレート
レアチーズの薔薇ジャムソースがけ
レアチーズの薔薇ジャムソースがけ

現在開催中のイベント情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

フラワーガーデン 2018が横浜赤レンガ倉庫で開催!4つの花畑と食べられる花が横浜の春を彩る

おすすめピックアップ記事