横浜みなとみらい観光にオススメのレンタル自転車「ベイバイク」は1日乗り放題で返却場所自由

横浜みなとみらい観光にオススメのレンタル自転車「ベイバイク」は1日乗り放題で返却場所自由

横浜みなとみらいを自転車でまわりたいという人にとてもオススメなサービス「baybike(ベイバイク)」を本日はご紹介。

通常のレンタサイクルは借りた場所に返すことが基本ですが、ベイバイクは横浜みなとみらい各所に点在するポートであればどこでも大丈夫!

事前登録が不要な1日乗り放題プランも用意されているので、観光の際に自転車で町並みを楽しみたい人にもオススメです。本日はベイバイクの基本や借り方、料金についてご紹介します。

ベイバイクの基本

ベイバイクは写真の通り真っ赤な自転車ですべて電動自転車です。

ベイバイク

利用可能時間は24時間。

会員登録不要の1日乗り放題プランは「30くりパス」と、会員登録必要の「1回利用(初回30分165円、以降30分毎に165円)」「月額会員(基本料金2,200円)」があります。

通常ベイバイクの利用はパソコンやスマートフォンで事前に会員登録した人のみが対象ですが、「30くりパス」の場合は事前登録をせず利用が可能です。

横浜観光で旅行中に自転車で観光スポットや街並みを見てまわりたい方には、30くりパスは会員登録が不要なだけでなく料金を気にせず1日好きだけ利用できるのでおすすめです。

観光なら1日乗り放題「30くりパス」

■ 料金
大人1,527円(税込)/ 学生 1,018円(税込)/ シニア(55歳以上)1,018円(税込)

午後だけ、のんびり横浜をめぐりたい人には14時から23時59分まで利用可能な、815円(税込)の「午後パス」も用意されています。

■ 販売場所
バイバイク運営事務所もしくは30くりパス販売窓口

■ 所在地
http://docomo-cycle.jp/yokohama/store/

※掲載料金は今後変更となる場合もあるため、利用時に最新情報を確認

返却場所について

ベイバイクの返却は各所に点在するポートであればどこでも構いません。

山下公園で自転車を借りたけど今いる場所から戻らず返却ができるのが魅力のひとつ!数十キロ離れた桜木町駅でも横浜駅でも大丈夫です。

せっかくランドマークタワーの近くにいるのにこの後また山下公園に戻って返さなきゃいけない…という面倒なことも起こらないので旅行の大切な時間を効率良く使えます。

返却ポートの場所を確認する

返却ポートは公式サイトに地図でまとめられています。エクスポート機能もあるのでこちらを利用すればスマートフォンから返却したい時にサクッと場所を確認できます。

Googleマップで表示する

現在地を含めて地図で返却ポートを確認できるので無駄な大移動をせず返却も楽々。(画面はiPhoneのGoogleアプリを使用)

■ 主要観光ポート
・横浜赤レンガ倉庫付近に3箇所
・山下公園付近に3箇所
・横浜スタジアム付近(関内・横浜中華街近い)に6箇所
・横浜ランドマークタワー付近に10箇所以上
数は今度変動する可能性あり・他にも様々なところにあるので上記地図にて最新情報を確認ください。

利用中・返却時のトラブルについて

■ 年齡や身長制限について
年齢制限はなし。身長は145cm以上の人が乗車可能です。サドルの高さは調整可能。

■ 電動アシスト自転車のバッテリーが途中でなくなったら…?
アシスト機能のない普通の自転車として走行が可能です。完全にバッテリーが無くなると操作パネルにA006と表示されて解錠・返却操作ができなくなるため、運営事務局に連絡を。

■ 利用中に一時駐輪して撤去された場合
禁止区域に駐輪をして撤去された場合は実費負担です。

その他の利用方法やサービス、事故やトラブルについては公式ホームページに掲載されています。

さいごに

横浜みなとみらい観光であちこち自転車で移動しながら観光をしたい人にオススメのベイバイク。

事前登録が面倒だと思っていましたが、会員登録不要のプランも用意されています。借りた場所にわざわざ戻る必要もなく、不要になったら近くのポートをスマートフォンで探して返却。

電動アシスト自転車なので坂道があって簡単に移動できるのも良いところです。観光だけでなくサイクリングにも便利なベイバイク要チェックです!

横浜観光 おすすめ情報

※掲載情報は公開時のものです。公開日から経過している場合は当時のものと参考にしていただき最新情報を店舗・施設等にて事前に確認のうえご利用ください。

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント