横浜の名店「アルペンジロー 本店」で本気で美味しいスープカレーに出会った!

横浜の名店「アルペンジロー 本店」で本気で美味しいスープカレーに出会った!

横浜のカレーの名店「アルペンジロー 本店」に行ってきたのでご紹介。

スキー場から始まった宿泊ロッジ「アルペンジロー」は、横浜の地で唯一無二の存在感を放つカレー店へと1985年に進化。

小麦粉を一切使用しないスープカレーは、北海道で有名なスープスタイルのカレーとは別物です。

オリジナルの味わいが癖になり、また足を運びたくなるスープカレーは評判通りの美味しさでした。

アルペンジロー 本店について

伊勢佐木長者町駅と阪東橋駅のちょうど間ぐらいにお店を構えている「アルペンジロー」。

■ 所在地
神奈川県横浜市中区弥生町3-26

■ 公式サイト
https://www.alpinjiro.jp/

アルペンジロー 本店 外観

30年以上続く、地元の人なら誰もが一度は耳にしたことのある名店です。

アルペンジロー 本店 内観

店内はテーブル席とカウンター席の両方を設け、山小屋をイメージした内装がカレーの美味しさを引き立てる素敵な雰囲気でした。

カウンター席からはカレーに乗せるお肉を鉄板で豪快に焼いている姿も見ることができます。

アルペンジロー 本店 お肉を焼く鉄板

土日限定のランチメニュー

注文したのは土日祝限定のランチメニュー。

鶏・豚・牛ミニステーキのトリプルコラボカレー(1,200円)というお肉に目がない私が即惹きつけられたメニューです。

土日祝限定ランチメニュー 鶏・豚・牛ミニステーキのトリプルコラボカレー

カレーは辛さを選ぶことができ、辛さにそこまで強くないため控えめの「富士山」を選択。

飯盒に入ったご飯をセルフでお皿に出していただきます。

飯盒に入ったお米

カレーはサラサラタイプで具材は驚くほどゴロッゴロッとカットされた野菜と3種のお肉。

見た目のインパクトもさることながら一口目で「来て良かった!」と思える複雑かつ深みのある、ここでしか決して味わえないオリジナルの味わいに大興奮!

自分好みのほんのり辛さ、甘みもしっかりと味わえる辛さの選択(富士山)も大当たりでした。

鶏・豚・牛ミニステーキのトリプルコラボカレー

ガッツリ味わえるお肉にも驚きがありました。厚みがありながらもお肉はサッと嚙み切れる柔らかさと噛み続けたくなる旨味の濃さ。焼き加減も丁度良いステーキ肉はカレーにもよく合い、カレー屋さんが出すお肉とは思えないほど。

次から次へと目の前でお肉が焼かれるため、まさに五感で楽しむスープカレーです。

ジャガイモやニンジンも非常に柔らかく、軽い力でもスプーンで削るようにしていただけます。形状を維持しながらも丁寧にしっかりと煮込まれている印象でした。

本気で美味しいカレーに出会えた

横浜で美味しいスープカレーを食べたくなったら真っ先に訪れたいお店で、あまりの美味しさから次回はカレーをより多く食べたいなと。

今回訪れたのは伊勢佐木長者町の本店でしたが、2017年4月には横浜元町に2号店をオープン。

普段の行動圏内が伊勢佐木長者町より横浜元町という方はぜひ以下もご参考ください。

おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜の名店「アルペンジロー 本店」で本気で美味しいスープカレーに出会った!