ミツハシライス、横浜市産のお米使った「横濱お米かりんと(珈琲/麻辣)」発売!

ミツハシライスから横浜市産お米使用の「横濱お米かりんと(珈琲/麻辣)」発売!

横浜で100年続く米屋「ミツハシライス」は、昨年販売を開始してギフトとして好評を得た「横濱お米かりんと」を、地元・横浜の魅力を発信したいとの想いから、コンセプトを一新して手に取りやすい形にリニューアルし、2021年11月1日(月)に発売を開始しました。

主原料の米粉には、横浜市産のお米「さとじまん」を100%使用。

ラインナップは横浜にゆかりのある「珈琲」「麻辣」の2種類で、それぞれ相性の良いナッツを加え、今までのかりんとうにはないカジュアルさと健康感をプラスしています。

横濱お米かりんと(珈琲/麻辣)について

横濱お米かりんとには横浜の田んぼで育った「さとじまん」の米粉を100%使用。

さとじまん

横浜で作られたお米のほとんどは自家消費されており、一般ではなかなか食べることができませんが、この貴重な横浜市産「さとじまん」を米粉に加工してかりんとうに仕上げます。

フレーバーは「珈琲」と「麻辣」の2種類です。

珈琲は1859年の開港直後から横浜港に輸入され、珈琲文化は横浜から始まったともいわれています。「横濱お米かりんと 珈琲」は、1957年に横浜から誕生した「三本珈琲」のコーヒーを使用し、コーヒー好きにも自信を持っておすすめできる味わいに仕上げます。塩がけアーモンド入りです。

横濱お米かりんと(珈琲/麻辣)

もう一方の「横濱お米かりんと 麻辣」は、横浜中華街をイメージした、辛さと痺れのバランスがこだわりのおつまみかりんとうで、バターピーナッツ入り。麻辣味は花椒と唐辛子による中華料理の味付けで、麻婆豆腐などの四川料理によく使われています。

本商品は持ち運びにも便利な小型のチャック付きパックにて展開。横浜土産やちょっとした手土産としてはもちろん、日常のおやつ・おつまみにもぴったりです。

横濱お米かりんと 商品概要

■ 発売日
2021年11月1日(月)より発売中

■ 商品内容
2種類(珈琲/麻辣)

■ 取扱店舗
ミツハシライス楽天市場

■ 内容量
35g/袋

おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント