横浜駅 そごう美術館を120%お得に楽しむ裏ワザ!ルドゥーテの「バラ図譜」展に行ってきた

横浜駅 そごう美術館を120%お得に楽しむ裏ワザ!ルドゥーテの「バラ図譜」展に行ってきた

横浜そごう6階 そごう美術館で2017年4月15日(土)から5月28日(日)まで開催されているルドゥーテの「バラ図譜」展に行ってきました。

マリー・アントワネットとナポレオン皇妃ジョゼフィーヌが愛した宮廷画家の、繊細で優美な最高傑作品集には大感動!

花びらのすじや棘など、その正確さや緻密さは写真のようですが、点刻彫版法による多色刷り銅版画はバラならではの豪華さや儚さが写真以上に伝わり、香りまで感じそうなほど。

せっかくなので「バラ図譜」展を愉しむ5つの裏技をご紹介します。お好きなものを選んで、120%満喫してくださいね。

1.ホームページの割引券をチェック!

ホームページの割引券をチェック!

■ 通常の入館料
大人 1,000(800)円 / 大学・高校生 800(600)円 / 中学生以下無料

優待割引券がホームページから手に入れられることをご存知でしたか?

「印刷してご持参いただくか、携帯の方はこちらの画面をご提示ください。」とサイトの下の方に書いてありますので、活用しない手はありません。

またミレニアム/クラブ・オンカードをお持ちの方は括弧内の料金でご入館出来るためその方法でもOKです。

2.撮影OKのコーナーを見逃さないで!

そごう美術館ではかなりの確率で毎回「撮影OKコーナー」を作ってくれています。

これは美術館に入った証や記念になるので遠慮なく撮影してくださいね。

ルドゥーテ展では中ほどのところのチェンバロと、出口のところの絵本の「2カ所」設置されています。

撮影OKの場所

チェンバロとは16世紀から18世紀、ヨーロッパの宮廷社会で大流行した鍵盤楽器です。

王侯貴族に愛され、調度品としてももてはやされました。「バラ図譜」展の中で展示されているチェンバロは、ルドゥーテの花を装飾モチーフに製作されました。

撮影OKの場所

3.そごう横浜店限定!コラボスイーツもおすすめ

併設のミュージアムショップは美術館に入らない方でもお買い物できますので、バラをモチーフにした美しいグッズがお好きな方はそちらだけでもぜひ。

美術館では関連グッズや図録などの販売に加えて、最近では色々なレストランとのコラボ・ランチやコラボ・スイーツが登場するようになってきました。

バラスイーツの案内

ル ドゥーテの「バラ図譜」展コラボは「バラスイーツ」。地下2階いわゆるデパ地下で、そごう横浜店限定販売のマカロンやサブレなどがありますので要チェックです。

ル ドゥーテの「バラ図譜」展コラボは「バラスイーツ」

4.美術館の半券でアイスクリーム!?

知る人ぞ知る裏技なのですが、美術館入館券の半券を提示するだけで、10階のダイニングパーク横浜の対象10店舗で、お食事の際にソフトドリンクなどが1杯が2名~4名までサービスになります。

また、横浜そごうの6~8階の喫茶店4店ではアイスクリームを2名様までサービスも。

更になんと地下1階の穴場カフェ「オクトバスタ」ではドリンクを注文するだけで、ミニシフォンケーキを4名様までサービスしていただけます!

美術館の半券でアイスクリーム

対象店舗は美術館入口受付に緑のチラシが置いてありますので、詳細はそちらをどうぞ。ご注文の際に先に申し出ることもどうぞお忘れなく。

5.山野楽器にもGO

撮影OKコーナーでも紹介されていますが、ルドゥーテ展のチェンバロを製作した「久保田チェンバロ工房」のチェンバロを7階の山野楽器で展示販売中。

お値段はさすがにちょっとお高めですが、こちらも一見の価値ありです。

山野楽器にもGO

さいごに

いかがでしたか?

美術館に行かれた方でも「え、知らなかった!」という裏技が見つかったのではないでしょうか。この記事が皆様のお役に立てば幸いです。

お買い物やお食事ついでに本格的な美術展が愉しめる、素晴らしい横浜「そごう美術館」を120%楽しんでくださいね!

関連キーワードからさらに見る!

\ この記事はいかがでしたか? /

公式アカウント:

横浜駅 そごう美術館を120%お得に楽しむ裏ワザ!ルドゥーテの「バラ図譜」展に行ってきた

おすすめピックアップ記事

* 注意事項

当サイトに掲載している写真およびコンテンツの無断使用・無断転載・引用に満たない掲載はいかなる場合であっても一切認めません。利用する際は、お問い合わせフォームより掲載サイトおよび氏名、掲載に関する具体的な内容をお書きの上ご連絡ください。

copyright © 2017 はまこれ横浜 All Rights Reserved.