横浜みなとみらい「水陸両用バス」は8月10日より営業運行(市民利用)を開始!

横浜みなとみらい「水陸両用バス」は8月10日より営業運行(市民利用)を開始!

先月、横浜みなとみらいの観光名所と水辺・海を結ぶ水陸両用バスのデザインが確定。

いよいよ非日常的な乗車体験を楽しめる「水陸両用バスの社会実験」が関係者向けに本日開始されました。

横浜市港湾局の発表によると、水陸両用バスの営業運行(市民利用)は、報道機関の試乗・内覧期間終了後の8月10日(水)に開始が予定されています。

水陸両面から横浜みなとみらいの景観を楽しめるバスの乗車、個人的にもかなり待ち遠しいです。乗車を体験次第、当サイトにてご紹介したいと思います。

[追記] 2016年8月10日 早速水陸両用バスに乗ってきました!

水陸両用バス 実験について

■ 実験期間:2016年7月27日から2020年3月末まで

■ 便数・運行時間等(予定)
桜木町コース、赤レンガコース 各5便程度運行 乗車定員44名
午前10時から午後6時まで 定休日なし(天候や施設・車両整備のため運休の場合あり)

■ 料金・乗車方法(予定)
大人 3,500円 / 小学生以下 1,700円 *当日受付(各便先着順)

価格等については実験期間のため変動する場合もございます。上記記載は執筆時のものです。

水陸両用バスに関する情報をもっと見る!

横浜みなとみらい「水陸両用バス」は8月10日より営業運行(市民利用)を開始!

\ この記事はいかがでしたか? /

公式アカウント:

* 注意事項

当サイトに掲載している写真およびコンテンツの無断使用・無断転載・引用に満たない掲載はいかなる場合であっても一切認めません。利用する際は、お問い合わせフォームより掲載サイトおよび氏名、掲載に関する具体的な内容をお書きの上ご連絡ください。

copyright © 2016 はまこれ横浜 All Rights Reserved.