横浜市新庁舎は32階建て!2020年完成、6月末供用開始予定を発表

横浜市新庁舎は32階建て!2020年完成、6月末供用開始予定を発表

横浜市は今月14日、中区本町に移転が決まっている新庁舎の基本設計を発表しました。

新庁舎は地上32階地下2階建てで高さは155メートル。延床面積は14万700平方メートルとなる予定です。

2017年8月着工、2020年1月完成、2020年6月末供用の開始を目指しています。

横浜市新庁舎について

基本設計によると、新庁舎は駐車場を約400台分を完備。(1階:約10台、地下1階:約180台、地下2階:約210台)

1階はコンビニやカフェ、飲食などの商業スペースや市民の憩いの場として屋根付きのアトリウム、講演会やワークショップ等に利用できる市民協働スペースを用意。

アトリウム イメージ
アトリウム イメージ

2階・3階にも同様に商業スペースを設け、さらにみなとみらい地区を展望できる市民ラウンジなども設けられる予定です。

3階から31階までは職員が働く行政部分とし、最上階の32階には電気室・機械室の配置が決まっています。

図で見る横浜市新庁舎

画像はすべて基本設計で公開されているものを公開しています。

掲載画像はすべて計画段階のため完成とは異なる場合がございます。予めご了承ください。

■ 平面図(低層部:1階)

平面図(低層部:1階)
平面図(低層部:1階)

■ 平面図(低層部:2・3階)

平面図(低層部:2・3階)
平面図(低層部:2・3階)

■ フロア構成および来庁者訪問の流れ

フロア構成および来庁者訪問の流れ
フロア構成および来庁者訪問の流れ

移転 計画場所

計画場所:横浜市中区本町6丁目50番地の10

関連カテゴリ

横浜市新庁舎は32階建て!2020年完成、6月末供用開始予定を発表

\ この記事はいかがでしたか? /

公式アカウント:

* 注意事項

当サイトに掲載している写真およびコンテンツの無断使用・無断転載・引用に満たない掲載はいかなる場合であっても一切認めません。利用する際は、お問い合わせフォームより掲載サイトおよび氏名、掲載に関する具体的な内容をお書きの上ご連絡ください。

copyright © 2016 はまこれ横浜 All Rights Reserved.