横浜スパークリングトワイライト 2016年7月16日・17日に開催!花火の時間や会場について

横浜スパークリングトワイライト2016

今年も山下公園で横浜の港を彩る花火大会の実施が決定。今年は2016年7月16日と17日の両日19時30分から3,000発を予定しています。

横浜スパークリングトワイライトは花火だけでなくグルメやパレード、ライブなどイベントが盛りだくさんのイベントです。

無料で楽しめるプログラムも多いので花火が始まる前から楽しめます。

*2016年7月16日に大さん橋からプレミアシート(ひとり1,000円〜)で見た感想やおすすめポイントについて書きました。

横浜スパークリングトワイライト2016 概要

■ 場所:山下公園および公園周辺、公園前海上

■ 日程:2016年7月16日・17日

■ 主催:横浜スパークリングトワイライト実行委員会

■ 公式URL:http://www.y-artist.co.jp/sparkling/

■ プログラム内容
・スパークリング花火
19時半から20時まで夜空を彩る3,000発の花火が打ち上がります。打ち上げ場所は山下公園前の海上。

・スパークリングパレード
17日のみ開催(14時から16時)。
日本と世界の友好をキーワードに集まったお神輿と民族衣装を纏った世界各国のみなさまが華やかなパレード。

・シップパレード
両日開催(14時から15時半)。
関係機関の協力を得て繰り広げられるシップパレード。16日は「横浜港で働く船のパレード」、17日は「シーカヤックパレード」を予定。

・スパークリングステージライブ
両日開催(15時から19時)。
公園内の石ステージで税関音楽隊、赤い靴合唱団などの親しみやすい音楽を楽しめるライブ。夕暮れにはジャズバンドの演奏も。

・海難レスキューデモ
両日開催(13時から13時40分)。
横浜海上保安部、横浜市消防局によるデモンストレーション。消防船による放水、ヘリコプターによる救助活動など。

・シーサイドレストラン&バー
両日開催(11時30分から20時30分)。
横浜老舗のレストランによる毎年人気のコーナー。午後にはバーもオープン。
昨年に引き続きアジアの食をテーマにしたコーナーの設置も予定されています。

・トライライトジュエリーポート
両日開催(18時50分から19時30分 / 20時から20時15分)。
イルミネーションを纏った船が山下公園前海上を埋め尽くします。ライトアップされた氷川丸やマリンタワー、みなとみらい地区との光の共演を楽しめます。

・PR・ファミリーコーナー
両日開催(11時30分から17時)。
消防署、税関、海上保安部等による、楽しく学べるPRコーナーを設置。昨年好評の「氷の彫刻」実演も予定。

■ スケジュールと会場について
山下公園前の海上で花火は打ち上がるため、山下公園の海沿いであればどこでも見ることができます。

当日はかなり多くの人で溢れるので早めの場所取りがおすすめです。山下公園そばのコンビニではビニールシートも販売されていますが、毎年かなり多くの人が利用されているので行列は確実。持参をすると効率的に過ごせます。持ってこれる人はぜひ。

スパークリングトワイライト2016 スケジュールと会場について

有料席を使って花火を見た感想

ひとり1,000円〜利用できる大さん橋からの観覧シートについて書きました。待ち時間なく特等席で見られかなり良かったです!

\ この記事はいかがでしたか? /

公式アカウント:

* 注意事項

当サイトに掲載している写真およびコンテンツの無断使用・無断転載・引用に満たない掲載はいかなる場合であっても一切認めません。利用する際は、お問い合わせフォームより掲載サイトおよび氏名、掲載に関する具体的な内容をお書きの上ご連絡ください。

copyright © 2016 はまこれ横浜 All Rights Reserved.