Wi-Fi・電源完備の西武鉄道40000系が完成!横浜中華街から秩父まで直通に

Wi-Fi・電源完備の西武鉄道40000系が完成!秩父から横浜中華街まで直通に

西武鉄道株式は、2016年〜2019年度に新型通勤車両「40000系」を80両導入。2017年春から順次運行を開始することを発表。

シートの向きが変わる「ロング・クロスシート転換車両」や車いすやベビーカーの利用者や大きい荷物を持った方も快適に過ごせるスペース「パートナーゾーン」、さらに、客室内から中吊り広告を無くして「Smaileビジョン」を1両あたり12〜16面(1編成あたり合計156面)を設置。

車両内にはWi-Fiや電源コンセント、お手洗いも設置。プラズマクラスターの採用も発表しています。長距離移動の方も快適に過ごせる環境です。

40000系の一部仕様について

広告用デジタルサイネージ「Smile ビジョン」を設置
車両客室内から中づり広告をなくし、広告用デジタルサイネージ「Smile ビジョン」を導入。

「クロスシート」や「ロングシート」にもなるなど環境変化に対応した情報提供を目的とし、ニュース・天気予報を放映。

17インチディスプレイを2面横に並べて、1両あたり12~16面(1編成あたり合計156面)が設置されます。

広告用デジタルサイネージ「Smile ビジョン」を設置

「ロング・クロスシート転換車両」の導入(通勤車両では西武鉄道初!)
一部編成の座席が、「クロスシート」と「ロングシート」に転換することができます。写真左がクロスシート・右がロングシート。

「ロング・クロスシート転換車両」の導入

「パートナーゾーン」の設置(西武鉄道初!)
車いすやベビーカーをご利用の方や大きな荷物を持った方が安心・快適に利用できるように設けられた「パートナーゾーン」。

車いすを固定することができる設備や軽く腰掛けられる新しいデザインの座席、子どもが車窓の景色を楽しめるように従来よりも大きくなった窓の導入がされています。

パートナーゾーン」の設置

2017年春より土休日に西武鉄道西武秩父線~東京メトロ副都心線~東急東横線~横浜高速みなとみらい線に、平日に西武鉄道池袋線~東京メトロ有楽町線に有料の座席指定制直通列車として導入されます。

Wi-Fi・電源完備の西武鉄道40000系が完成!横浜中華街から秩父まで直通に

\ この記事はいかがでしたか? /

公式アカウント:

* 注意事項

当サイトに掲載している写真およびコンテンツの無断使用・無断転載・引用に満たない掲載はいかなる場合であっても一切認めません。利用する際は、お問い合わせフォームより掲載サイトおよび氏名、掲載に関する具体的な内容をお書きの上ご連絡ください。

copyright © 2016 はまこれ横浜 All Rights Reserved.