国道16号「町田立体」が2016年4月開通!横浜町田IC / 246号の渋滞緩和期待

横浜市と大和市にはさまれた国道16号の渋滞地点で長い間、工事がおこなわれていましたがついに来月4月下旬に開通する見通しがあると発表されました。

東名高速道路横浜町田ICの流出入渋滞や国道246号との交差渋滞を避けて横浜市と相模原市の行き来がスムーズになるかもしれません。

また横浜市方面から横浜町田IC入り口までも今まで国道246号との交差渋滞の影響でスムーズに進めなかった点についても町田立体の完成に伴い緩和されるのではないでしょうか。

★町田立体開通してました!(2016年5月1日 追記)
246と16号の交差、町田立体開通!横浜方面から東名利用時は要注意

町田立体について

国土交通省川崎国道事務所によると、介するのは東京都町田市鶴間の国道16号2.1キロ区間の通称「町田立体」。

基本的に高架構造で幅21m、片側2車線、設計速度は80キロ。国道246号の立体交差をさらに高架で立体交差する部分に関しては地上高さが約18mに達するそうです。

横浜市方面から東名高速道路を利用して移動する際も慢性的に渋滞をしていたため、町田立体の完成は個人的にも非常に待ち遠しかったです。今後の利用が楽しみです。

関連カテゴリ

\ この記事はいかがでしたか? /

公式アカウント:

* 注意事項

当サイトに掲載している写真およびコンテンツの無断使用・無断転載・引用に満たない掲載はいかなる場合であっても一切認めません。利用する際は、お問い合わせフォームより掲載サイトおよび氏名、掲載に関する具体的な内容をお書きの上ご連絡ください。

copyright © 2016 はまこれ横浜 All Rights Reserved.