話題のマンホールカード!横浜市の配布場所と配布時間を調べてみた

話題のマンホールカード!横浜市の配布場所と配布時間を調べてみた

今ちまたで話題のマンホールカード。地域の個性が光るマンホールの蓋を紹介する「マンホールカード」の人気が広がりつつあるようです。(参考

マンホールの蓋は各自治体がデザインしたご当地のもので幾何学模様や地域の史跡、自然を描いたり色付けされたものなどデザインは多種多様。新横浜駅のマンホールにはJリーグ「横浜F.マリノス」のキャラクター、マリノス君がカラーで描かれています。

新横浜のマンホール

マンホールカードは国土交通省や日本下水道協会などでつくる「下水道プラットホーム(GKP)」が企画し、現在60以上の自治体が先着順で配布がおこなわれています。横浜市も2016年8月1日から第二弾の配布を開始しています。

市役所に行ってマンホールカードを貰ってきました▼
横浜市のマンホールカードをゲット!各地域のカードを集めたくなる質の良さ

横浜市のマンホールカードについて

■ 配布場所:横浜市役所(環境創造局下水道事業推進課)

■ 住所:神奈川県横浜市中区真砂町2-22 関内中央ビル7階

■ 配布時間:平日 9:00~12:00、13:00~17:00 / 土日、祝日、年末年始はお休み

■ 価格:無料

■ 電話:045-671-2941

■ 公式URL:http://www.gk-p.jp/

神奈川県のマンホールカードはその他、相模原市と横須賀市で配布されています。詳しくは以下の「その他のマンホールカードについて」をご覧ください。

その他のマンホールカードについて

マンホールカードは地域によってデザインが異なり、カードの表面には写真・裏面にはデザインの由来に関する説明文が記載されています。

栃木県の足利市ではの本最古の学校「足利学校」を描いたカードを配布。GKPはカードの種類を増やす方針を発表、さらに専用アルバムの作成やレアカードの投入も企画しているそうです。

各地域のマンホールカードを集めたい!という方はGKPの公式サイトに配布場所や配布時間を示した情報が掲載されているのでご参考ください。カードは先着順、事前予約や郵送での取り扱いはおこなっていません。

在庫が少なくなったときは備考欄に「残少」と記載されます。配布は1人1枚です。

マンホールカード 下水道広報プラットホーム公式サイト

マンホールカードを入手するまでの過程や最寄り駅、市役所でのお話などを書きました▼

話題のマンホールカード!横浜市の配布場所と配布時間を調べてみた

\ この記事はいかがでしたか? /

公式アカウント:

* 注意事項

当サイトに掲載している写真およびコンテンツの無断使用・無断転載・引用に満たない掲載はいかなる場合であっても一切認めません。利用する際は、お問い合わせフォームより掲載サイトおよび氏名、掲載に関する具体的な内容をお書きの上ご連絡ください。

copyright © 2016 はまこれ横浜 All Rights Reserved.