ぶらり三渓園バスの横浜駅乗り場はどこ?コースや所要時間は?

ぶらり観光SAN路線「三渓園」行きバスの乗り場はどこ?コースや所要時間は?

今年10月1日より新たに運行が始まったぶらり観光SAN路線。

横浜駅を出発点として三渓園・赤レンガ倉庫・野毛山動物園のそれぞれの頭文字を取ってSAN路線と呼んでいます。

横浜みなとみらいから徒歩で行くのは難しい「三渓園」が、ぶらり観光SAN路線の誕生によってかなり行きやすくなりました。

紅葉シーズンやお花見シーズンなど三渓園に行く予定のある方はぜひSAN路線のSルート「ぶらり三渓園バス」をご利用ください。

ぶらり三渓園バスについて

ぶらり三渓園バス

ぶらり三渓園バスのラッピングカラーは緑。ぶらり三渓園BUSと描かれたデザインバスで運行しています。料金は大人220円、小児110円。

ぶらり観光SAN路線とあかいくつ、市営地下鉄が1日乗り放題になる「みなとぶらりチケット」は大人500円、小児250円で購入できます。

往復料金を考慮すると乗り放題チケットがかなりお得です。

■ 運行区間:横浜駅前(東口)〜三渓園(新設)

■ 運行日:土曜日・日曜日

■ 運行便数:1日6便程度

■ 所要時間:約45分

■ Sルート(ぶらり三渓園バス)
横浜駅前(東口) → 横浜駅改札口前 → アンパンマンミュージアム入り口 → 桜木町駅前 → 赤レンガ倉庫・マリン&ウォーク → 中華街入口 → 三渓園 → 山下公園前 → 赤レンガ倉庫・マリン&ウォーク → 桜木町駅前 → アンパンマンミュージアム → 横浜駅改札口前 → 横浜駅前(東口)

ぶらり観光SAN路線マップ

横浜駅からぶらり三渓園バスに乗車する方法

横浜駅から「ぶらり三渓園バス」に乗車する場合は東口にあるバスターミナルをご利用ください。乗り場は2番!乗り場Aからターミナルに向かうと乗車が簡単です。

写真付きで横浜駅の乗り場への行き方も紹介しています。こちらもご参考ください。

横浜駅東口「ぶらり観光SAN路線」のバス乗り場はA!道順を写真付きで解説

ぶらり観光SAN路線に関する情報


関連カテゴリ

ぶらり観光SAN路線「三渓園」行きバスの乗り場はどこ?コースや所要時間は?

\ この記事はいかがでしたか? /

公式アカウント:

* 注意事項

当サイトに掲載している写真およびコンテンツの無断使用・無断転載・引用に満たない掲載はいかなる場合であっても一切認めません。利用する際は、お問い合わせフォームより掲載サイトおよび氏名、掲載に関する具体的な内容をお書きの上ご連絡ください。

copyright © 2016 はまこれ横浜 All Rights Reserved.