ぶらり観光SAN路線のバスがお披露目!10月1日より運行開始

ぶらり観光SAN路線のバスがお披露目!10月1日より運行開始

2016年10月1日より新たに運行を開始する「ぶらり観光SAN路線」、ぶらり三溪園BUS・ぶらり赤レンガBUS・ぶらり野毛山動物園BUSのお披露目が本日9月24日におこなわれました。

行き先がひと目でわかるラッピングバスはそれぞれ横浜駅を出発して途中主要観光スポットをまわりながら三渓園・横浜赤レンガ倉庫・野毛山動物園を目指します。

料金は大人220円、小児110円。横浜ベイエリアをまわる「みなとぶらりチケット」なら大人500円、小児250円で一日乗り放題になります。

ぶらり観光SAN路線について

ぶらり三渓園BUS(Sルート)

ぶらり三渓園BUS(Sルート)のデザイン

・運行区間:横浜駅前(東口)〜三渓園(新設)

・運行日:土曜日・日曜日

・運行便数:1日6便程度

・所要時間:片道約45分

【参考記事】
ぶらり三渓園バスの横浜駅乗り場はどこ?コースや所要時間は?

ぶらり三渓園BUS(Sルート)

ぶらり三渓園BUS(Sルート)

ぶらり赤レンガBUS(Aルート)

ぶらり赤レンガBUS(Aルート)のデザイン

・運行区間:横浜駅前(東口)〜横浜赤レンガ倉庫・マリン&ウォーク 循環

・運行日:土曜日・日曜日

・運行便数:1日15便程度

・所要時間:片道約16分

ぶらり赤レンガBUS(Aルート)のデザイン

ぶらり赤レンガBUS(Aルート)のデザイン

ぶらり野毛山動物園BUS(Nルート)

ぶらり野毛山動物園BUS(Nルート)のデザイン

・運行区間:横浜駅前(東口)〜一本松小学校前

・運行日:毎日(土曜日・日曜日はアンパンマンミュージアム入り口に停車)

・運行便数:1日40便程度

・所要時間:片道約20分

* みなとぶらりチケットでは野毛山動物園前まで。一本松小学校前と西戸部1丁目は適用範囲に含まれません。ご注意ください。

ぶらり野毛山動物園BUS(Nルート)のデザイン

ぶらり野毛山動物園BUS(Nルート)のデザイン

各バスの停留所について

10月1日より運行が開始するぶらり観光SAN路線。あかいくつのルートと市営地下ブルーラインの各駅についてまとめマップが以下になります。

ぶらり観光SAN路線マップ

ぶらり観光SAN路線の料金は大人220円、小児110円。

横浜ベイエリアをまわる「みなとぶらりチケット」であれば、ぶらり観光SAN路線とあかいくつ、市営地下鉄が1日乗り放題で大人500円、小児250円で利用できます。(10月1日の改定後)

ひと目でどこ行きかわかりやすいデザインは、初めて横浜みなとみらい観光をする人にも優しく、あかいくつに続き多くの観光客に愛されそうなデザインです。

[追記](2016年10月6日)
横浜駅からの「ぶらり観光SAN路線」乗車方法を掲載しました!


ぶらり観光SAN路線のバスがお披露目!10月1日より運行開始

\ この記事はいかがでしたか? /

公式アカウント:

* 注意事項

当サイトに掲載している写真およびコンテンツの無断使用・無断転載・引用に満たない掲載はいかなる場合であっても一切認めません。利用する際は、お問い合わせフォームより掲載サイトおよび氏名、掲載に関する具体的な内容をお書きの上ご連絡ください。

copyright © 2016 はまこれ横浜 All Rights Reserved.